森暮らしのかばん・3

600-DSCF8556.jpg(214851 byte)
タイ北部、ラオス、ベトナム、ミャンマーの各地で作られた手織り生地を集めて、かばんに仕立てました
素材は木綿と麻(ヘンプ)、新しい布も古い布も取り混ぜています
長い間に旅をしながら、1点ずつ集めた布たちです
薄手の接着芯にとどめて、くったりした柔らかい質感を出しています
裏地は国産の綿麻50/50、少ししっかりした生地を使いました
ボタンはりんこる木工部手作りの木製ボタンです♪

どの糸、布も、メコン川のほとりの村で作られています。大河メコンの水の恵みと、深い森の恵みに満ちた土地が産んだものたち。それを浅間山麓の森で手を加え、仕上げたので「森暮らしのかばん」と名付けました。
かばんの斜めがけは、山暮らし、森暮らし、そして旅暮らしの基本スタイルです。私がいちばん好きで、いちばん便利だと思う形を作りました。こんなかばんを肩からかけて森からふらっと歩み出てくるのが、メコン沿いの彼らであっても、日本にいる私であっても、どちらでもいいなと思えるものになりました。
都会でもきっと・・・、大丈夫。

お買い上げの際には、布の生まれた場所がわかる図面をお付けします
こちら売れました、ありがとうございます♪


表の地布 インドシナ各国の木綿、麻
    裏地 国産綿麻50/50
    ボタン パイン材ボタン・りんこる木工部特製
    ループ タイ北部ジョムトン村の手織り木綿

上辺で横32センチ マチが7センチ
  タテは上辺から底まで23センチ マチがあるので2〜3センチ長く見えます
  ベルト長さ 115センチ

・製造 日本国リンコル工房
商品名森暮らしのかばん3
商品番号bag22
販売価格
ic_shop2_04_urikire.gif(1512 byte)
数量
300-DSCF8565.jpg(53668 byte)
300-DSCF8566.jpg(75046 byte)
300-DSCF8574.jpg(78967 byte)
300-DSCF8570.jpg(105953 byte)
300-DSCF8576.jpg(96811 byte)
特製ボタン
300-DSCF8579.jpg(78387 byte)
裏はしっかりした綿麻です