森から町へ出る日のかばん・3

600-BAG45-01.jpg(247202 byte)

アジア各国の手織り布をたくさん使って小ぶりのトートバッグを作りました。

メインで使っている生地は、タイ北部モン族の藍染大麻布と、中国の長江流域で織られていた藍染木綿糸の手織り布「土布」です。他にもタイ北部タイ・ルー族の手織り木綿布、ミャンマー・ナガ族の手織り木綿布、ベトナム・黒タイ族の藍染木綿布などを組み合わせました。隣り合いつながり合う国々の、それぞれの民族の生地が出合う、楽しいかばんになったと思います。

山岳民族のヘンプ生地は、実際に使われていた古い生地も含まれています。ご承知おきください。

斜めがけのショルダーバッグを作ることが多い私ですが、今回は少し違う気分で手提げにしてみました。
お財布、携帯電話、その他細々したものを入れても大丈夫なサイズです。カバーを付けた8インチのタブレットを横向きに入れても余裕があります。森からバスに乗って町に出かける日に持っていく、そんなイメージで作りました。

表、裏面は他種類の生地接ぎ合わせ。しっかりした織地が多かったので、接着芯は貼らずにそのままの風合いを活かしています。
持ち手はタイ北部・モン族の藍ろうけつ染め、古布です。
接着芯を貼らない分、裏地には帆布を使っています。
内側にポケット1つ、持ち手と同じモン族ろうけつ染め布です。

サイズ
横31.5センチ タテ28センチ
マチは底面5センチ
持ち手 24センチ

30年近くこのエリアを旅しながら集めた布たちです。縁があって私の手元に来た布たちが、また別の方のところに旅してゆけますように。

こちら売れました、ありがとうございます


表の地布 アジア各国手織り布
    裏地 国産11号帆布

・製造 日本国リンコル工房
商品名森から町へ出る日のかばん・3
商品番号bag45
販売価格円(税込)
ic_shop2_04_urikire.gif(1512 byte)
数量
3600-BAG45-03.jpg(90213 byte)
3600-BAG45-06.jpg(72198 byte)
3600-BAG45-07.jpg(76275 byte)
3600-BAG45-08.jpg(81907 byte)