山の民の大きなかばん・2

600-BAG49-002.jpg(221093 byte)

中国南部からベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーへとつながる山岳地域に暮らす人々の手織り布ばかり集めて、大きめのかばんを作りました。
このエリアは、チベット高地に源流を発して流れ下る大河メコンの流域にあたります。チベット語系、タイ語系、様々な民族が暮らしていますが、その殆どは私たち日本人にとても近い顔立ちをしています。もう30年近くにわたってこの地を旅していますが、市場で売られている豆腐や納豆、漬物やきなこ餅などを見るにつけ、自分の祖先は遠いこの地から流れてきたのではないかと、そんな不思議な気分になります。
急峻な山地に小さな畑を切り拓いては木綿を育て、紡ぎ。麻を育て、紡ぎ。藍を育て、染める。そんな人々の布には、他のエリアとはまた異なる親近感を感じ、愛してやみません。

表側と裏側でかなり雰囲気が異なります。どちらを表にしてもよいように作りました。その日の気分で使ってください。

本体に使った生地は、タイ・モン族の麻・ろうけつ染め、ラオス・レンテンヤオ族の藍染め、ベトナム・赤ザオ族の藍染め、中国貴州省イ族の藍染め、中国雲南省リス族の麻、ベトナム黒モン族の藍染め麻、中国雲南省ハニ族の麻、ミャンマー・ナガ族の木綿、中国上海の木綿・・・、です。
袋の口の部分はタイのざっくりとした厚手の手織り木綿でくるんで仕上げています。
本体からつながる肩紐は、数種類の麻を継ぎ接ぎし、中に薄い綿を入れました。
本体の裏地は国産の綿麻、肩ひも裏地はタイの木綿です。
内側にもポケット1つ。
紐で留めるボタンはチベット鈴、中国四川省の山深いセルタという町で求めました。音が鳴ります。どうしてもうるさかったら、何かボタンに付け替えてください。
かばん自体が大きめなので、肩ひもは短かめ、基本は片方の肩にかけるイメージです。斜めがけもできますが、ちょっと短かめになります。

どの布も、メコン流域の山岳地域で作られています。厳しい山の暮らしの中から産まれた布たち。彼らに敬意を表して、山の民のかばんと名付けました。
かばんの斜めがけは、山暮らし、森暮らし、そして旅暮らしの基本スタイルです。私がいちばん好きで、いちばん便利だと思う形を作りました。こんなかばんを肩からかけて森からふらっと歩み出てくるのが、メコン沿いの彼らであっても、日本にいる私であっても、どちらでもいいなと思えるものになりました。
都会でもきっと・・・、大丈夫。
サイズ
横44センチ
タテは上辺から底まで38.5センチ
ベルト長さ 64センチ
ベルト巾 4.2センチ

素材
表の地布 各地の麻(大麻布)、木綿
裏地 タイ産黒木綿

ic_shop2_04_urikire.gif(1512 byte)ありがとうございます
こちらはご注文をいただければ製作いたします。お問い合わせください。




商品名山の民の大きなかばん・2
商品番号bag48
販売価格35000円(税込)
ic_shop2_04_urikire.gif(1512 byte)
数量
3600-BAG49-004.jpg(63369 byte)
3600-BAG49-006.jpg(79952 byte)
3600-BAG49-007.jpg(79120 byte)
3600-BAG49-008.jpg(77578 byte)
3600-BAG49-009.jpg(99734 byte)
3600-BAG49-010.jpg(101826 byte)