国境をまたぐバケツトート

600-BAG47-2-002.jpg(287468 byte)

ミャンマーとインドの国境に広がる山岳地帯に暮らすナガ族の手織り厚手木綿から、小ぶりのバケツ形トートバッグを作りました。
ご要望がたいへん多く、再製作しました。
ナガの人々は今も独立を求めているために、ミャンマー、インド双方で外国人の立ち入りは禁止または制限されています。私もナガの土地に入ったことはありません。このため、ナガ族の布はミャンマーのヤンゴンで求めたものが多いのですが、この布はタイでたまたま見つけて求めたものです。
もともとは、ブランケットとして身にまとったり、戦士の正装用として用いられたりするものです。太い木綿糸をかっちりと織り上げた厚手の布です。部族ごとの紋様があったり、中には麻を使う部族もあるようですが、これは木綿100%です。
紋様部分は二重織りになっていて、表からは模様に見えますが、裏には模様が出ません。裏地をつけているのでそこは見えなくなっていますが・・・、そういう布です。
ロバとゾウの織り模様はアシンメトリーに3つ、底のあるトートに仕立てました。

裏面はタイの手織り布、黒檀染めです。
内側に表と同じ布で作ったポケット1つあります。
持ち手もナガの同じ生地から取りました。柔らかいけれどしっかりしていて、持ちやすいと思います。
底面のみ、しっかりした硬めの生地を使いたかったので、岡山産のデニムを使用しました。
固い接着芯は使わずに、布本来のやわらかさを活かしてくったりした感じにしています。

サイズ
上辺で横30センチ 
タテは上辺から底まで25センチ
底面 11×21.5センチ
持ち手長さ 32センチ

素材
表の地布 ミャンマー木綿
裏の地布 タイ産木綿

こちら売れました、ありがとうございます




商品名国境バケツトート
商品番号bag47-2
販売価格円(税込)
ic_shop2_04_urikire.gif(1512 byte)
数量
3600-BAG47-2-003.jpg(73334 byte)
3600-BAG47-2-004.jpg(72375 byte)
3600-BAG47-2-005.jpg(95452 byte)
3600-BAG47-2-006.jpg(95495 byte)
3600-BAG47-2-007.jpg(86899 byte)
3600-BAG47-2-002.jpg(68836 byte)